株式会社緑豊

当社の特徴

お問い合わせはこちら

当社の特徴

”豊かな緑”を守る

FEATURE

社名の”緑豊”には、木を伐るだけでなく、豊かな緑を守り後世に残したいという思いが込められています。

林業とは、SDGs の目標の中にある「持続可能な森林の経営」と掲げられているほか、様々な目標に関連しており、社会に非常に重要な役割を担っています。当社では、その中でも大切にしたいことを絞り、独自の視点で持続可能な林業経営を目指し、取り組んでいます。

広葉樹の植樹、保護

森林は木材生産、生物多様性の保全、渇水や洪水を緩和する水源のかん養機能、山地災害の防止機能、二酸化炭素の吸収、炭素の固定、など様々な機能をもっています。

広葉樹は針葉樹に比べ、根をしっかり深く張るため、土壌の崩壊を防ぐことができます。また枝葉を大きく張り、地面にも様々な植生が生えるため、土壌が豊かになります。そのため当社は、伐採の際には可能な限り広葉樹を残し、社有林での植樹にも積極的に取り入れています。

 

機械化と架線集材

当社は、積極的に林業機械化を促進し、生産性の向上、重筋労働の低減を行い、着実に成長してきました。

昨今、地球温暖化防止の観点から、集材機による架線集材が見直されてきています。架線集材は、路網集材*に比べ使用する機械台数が少なく、重機の移動もほとんどありません。そのため燃料の消費を最小限にとどめ、CO2の排出量を抑えることができます。

当社では、設立当初からの架線集材の技術を再検討し、路網集材と並列して取り入れ、山にも人にも優しい林業を実践していきます。

*作業道を必要とする集材方式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企業の成長は、社員の成長無くしてはあり得ません。

当社では、社員が長く安心して働ける為に「緑の雇用」事業をはじめ、様々な研修や教育の機会をつくり、人材の育成に取り組んでいます。また、同業他社との合同研修旅行や、消防職員との安全講習会などを通じて、社員同士の情報交換や安全意識の向上の場をつくっています。

林業界もICT化、機械化が進み今までより少ない人員で多くの木材が搬出できるようになってきていますが、人の技術知識無しでは活用できません。知識と経験の豊富な人材を増やし、企業として大きく成長することで、持続可能な社会に貢献していきます。

 

緑豊にかかわる全ての方の明るい未来のために更なる人材育成と安全確保に努めていきます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。